본문 바로가기

메뉴

ACC 국립아시아문화전당 ASIA CULTURE CENTER

『マレーシアのポピュラー音楽コレクション企画展:ポップ・ヌサンタラの歌(Lagu〜Lagu)1960s–1980s Vol.2』

「アジアのポピュラー音楽アーカイブプロジェクト」は、アジア各地で現代のポピュラー音楽が誕生した時期の主な音楽・人物・出来事に関する研究に基づき、様々な媒体の資料を収集するプロジェクトです。

『マレーシアのポピュラー音楽コレクション企画展:ポップ・ヌサンタラの歌(Lagu〜Lagu)1960s–1980s Vol.2』
  • 日時2019.9.6 - 2020.4.19
  • 時間(火~日)10:00 ~ 18:00
    (水, 土)10:00 ~ 19:00
  • 場所ライブラリーパーク
  • 対象全年齢向け /
  • 料金 無料
  • 予約自由観覧
  • お問い合わせ +82-1899-5566

ギャラリー

紹介
『Lagu~Lagu』は、インドネシア語で「歌」という意味です。歌には、一つの時代と社会の集合的記憶が溶け込んでいます。マレーシアとその周辺地域に、電波に乗ってコンサート会場から、映画から流れた歌(Lagu)が、国立アジア文化殿堂に集まりました。

1957年まで、マレーシアはポルトガル、オランダ、イギリス、日本などから植民地支配を受けました。建国の活動が盛んだった1950〜1960年代には、映画のような大衆文化において「マレー民族主義」が強調され、映画音楽でも伝統的なものが多く制作されました。当時の業界を代表するエンターテイナー、P・ラムリー(Ramlee)とサローマ(Saloma)は、マレー民族音楽のシンボルとして崇められながらも、西洋音楽と様々な民族の音楽の影響を色濃く受けています。1960年代後半からは映画音楽が衰退し、英米圏のバンドの音楽からインスピレーションを得た「ポップ・イェイェ(Pop yeh yeh)」スタイルの音楽が人気を集めました。既成世代は、ポップ・イェイェとともに流行した男性の長髪やダンスホールのような若者文化を健全なものでないと考え、規制を行いました。1970年代後半に登場したバンド「Allycats」のように多民族で構成されたバンドは、血統中心主義の枠組みを超えた統合のメカニズムとして機能し、人々にマレーシアの民族多様性の起源について振り返らせるきっかけをつくりました。本展は、独立後のマレーシアが形成される時期における民族主義の言説の中でポピュラー音楽が生み出した価値と意味について、資料を通じてスポットライトを当てています。

マレーシアと韓国は、脱植民、独裁、民主化へと、似たような歴史の軌跡を辿ってきました。アジアという共同体の構成員として、今まで知らなかった時代と地域でどのような歌が受け入れられ、歌われてきたのか、その歌を聴いた人々と私たちはどのような共通の経験と違いを持っているのか、歌を通じて認識の地平を広げるきっかけになることを期待しています。

※『アジアのポピュラー音楽アーカイブプロジェクト』は、アジア各地で現代のポピュラー音楽が誕生した時期の主な音楽・人物・出来事に関する研究に基づき、様々な媒体の資料を収集するプロジェクトです。現在まで、『1980年代韓国のポピュラー音楽』パイロットプロジェクトを皮切りに、アジアの8つの地域のポピュラー音楽史の基礎調査を実施し、インドネシア、ミャンマー、ベトナム、マレーシアの4つの地域のポピュラー音楽コレクションを構築しました。『マレーシアのポピュラー音楽コレクション』は、1960年代から1980年代までの社会‧文化‧歴史の背景研究に基づいて収集されたアルバム、映像、雑誌などで構成されています。
展示作品
P・ラムリーのサウンドトラック・アルバム、1961
ポップ・イェイェの始まりを告げた映画『A-Go-Go 67』のサウンドトラックと映画に関する雑誌の記事
マレー系、インド系、中国系で構成された多民族バンド「Allycats」の4thアルバムのジャケット
場所の詳細

文化情報院, ライブラリーパーク

文化情報院

Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485

ACC WEBZINE

웹진 구독하기

개인정보 수집 및 활용 동의가 필요합니다.

수집내용

  1. 1. 수집이용목적: ‘웹진ACC’ 발송
  2. 2. 수집항목: 이메일 주소
  3. 3. 보유(이용)기간: 2년
  4. 4. 동의거부에 따른 불이익:
    개인정보 수집 동의를 거부하실 수 있습니다. 다만,
    동의하지 않을 경우 ‘웹진ACC’를 받아보실 수 없습니다.
    개인정보는 위 수집·이용 목적 이외의 다른 목적으로 사용하지 않습니다.

웹진을 포함한 국립아시아문화전당(ACC) DM발송은 ACC홈페이지 회원가입을 통해 받아보실 수 있습니다.