본문 바로가기

메뉴

Ministry of Culture, Sports and Tourism. Asia Culture Center

『怪物「ヨン」を描く』

中国の「春節」にまつわる史実的なテーマに想像力をプラスした、少年と怪物「ヨン」の悲しい友情の物語。

『怪物「ヨン」を描く』
  • 日時2020.12.3 - 12.6
  • 時間(3,4) 11:00 / (5,6) 11:00, 15:00
  • 場所子供劇場
  • 対象満5歳以上
  • 定員130
  • 料金 全席10,000ウォン※朝のお得割引き 2月4日(火)~3月8日(日)20%割引き(8,000ウォン)
  • 予約ホームページ / 切符売り場 / コールセンター / 現場受付
  • お問い合わせ+82-1899-5566

紹介
『怪物「ヨン」を恋しがる』
『怪物「ヨン」を描く』
『怪物「ヨン」を想像する』
中国の「春節」にまつわる史実的なテーマに想像力をプラスした、少年と怪物「ヨン」の悲しい友情の物語です。
韓国と中国の色を組み合わせた影絵劇、獅子舞、映像、アニメーション、音楽などが、物語を豊かに彩ります。
※『怪物「ヨン」を描く』は、2019ACCアジアのストーリー:子供向け創制作コンテンツ『怪物「ヨン」を描く』ショーケース(11月5日、子供劇場)で上演された作品です。これをベースに、ドラマ、ステージ、小道具などをさらに発展させ、より完成度の高い作品に生まれ変わって観客の皆様にお届けします。
あらすじ
絵師たちが、世界を旅しているときに聞いた、中国の昔話を聞かせてくれる。

むかしむかし、中国のある村に暮らしていた、両親を亡くした一人の少年と、彼が描いた絵の中の友達「ヨン」の長い友情の物語。

村人たちのせいで辛い思いをして村を離れた少年と、その少年との約束を守るために、年に一度だけ村に姿を現す「ヨン」。 村人たちは、「ヨン」のことを怪物だと思い込み、襲い掛かってしまうのだが…。
キャスト&スタッフ
制作:アジア文化院、文化・芸術教育団体ザ・ベフ(the befu)
작곡과 및 공연 내용 안내
キャスト
  • キム・ボヒ、キム・ジエ、イ・ウォンソン、クォン・グウォン
スタッフ
  • 演出・脚本:イ・ミヒ
  • 音楽監督・作曲:イ・ボラム
  • 舞台・小道具:ファン・ソギョン、イム・ソニョン
  • 衣装:イ・ヒョンジ
  • 映像:アン・ヨンヘ、ソ・チャンビン
  • 音響:ソン・ジュエ
  • 照明:ポム・ソイン
  • プロデューサー:ザ・ベフ(the befu)
文化・芸術教育団体ザ・ベフ(the befu)
1997年5月30日に設立された文化・芸術教育団体ザ・ベフ(the befu)は、ソウル市非営利団体(第46号)、専門芸術団体(第27号)で、雇用労働部社会的企業(第2011-117号)、ソウル市社会的経済優秀企業(第2019-04号)に選定されている。多彩な芸術媒体をまたぐプログラムにより、子どもだけでなく、家族連れから青少年、高齢者に至るまで、すべての年齢層の文化・芸術教育を担い、五感を満足させる幸せになれる舞台を生み出し続けている。
注意事項
  • 本公演は、皆様の円滑な観覧のため、5才未満のお子様の入場を制限しております。主宰側の要請がある場合、生年月日が記載された証明書類をご提示いただくことがありますので、ご来場の際にはお持ちください。ご両親の同伴があっても、年齢に達していないお子様は入場できませんので、ご了承ください。
  • 本公演は1人当たり4枚までご予約可能です。
  • 国立アジア文化殿堂は、快適な観覧環境をつくるため、観覧可等級、途中入場、写真撮影などに制限を設けております。 客席の入場に関する規定をご存知でないことにより生じる責任はご本人様にあります。当日、現場でのチケットの払い戻し、キャンセル、変更はできません。この点、ご注意ください。
  • ご予約のチケットのお受け取り又は現場でのご購入は、公演開始1時間前より可能です。客席へのご入場は、公演開始30分前から可能であり、公演開始後は入場が制限されることがありますので、公演開始10分前までに必ずご入場ください。
全体の日程
国立アジア文化殿堂は、アジアの豊かな文化資源を利用した公演の制作・運営を支援することで、子どもたちが文化の多様性を受け入れ、想像力を育むことのできる場を設けようと試みています。

『ACCアジアのストーリー:創制作子供向けコンテンツ制作事業』では、アジアのストーリーを題材にした公演を創作・制作するために、公募で選ばれたクリエイターたちがワークショップ、メンタリングプログラムを経て2019年10月~11月にショーケースを披露しました。その過程で出た観客と専門家からの意見をまとめて反映し、さらに完成度を高め、2020年2月から7月まで、本公演を行うことになりました。

カザフスタン、インド、タジキスタンなど、アジアのストーリーを原作としており、子どもたちが、アジアの想像力を糧に成長することができるでしょう。多くのご参加を心よりお待ちしております。
全体の日程について
작곡과 및 공연 내용 안내
『三人組』(人形劇研究所インス)
  • 2020.6.4 - 6.7
  • * カザフスタン『三人組物語』
『木の童子』
  • 2020.6.26 - 6.28
  • * 韓国『木の童子と大洪水』
『ハーティーと道化師たち』 (劇団トバギ)
  • 2020.8.13 - 8.16
  • * インド『命の実、黄金の実』
『魔法の泉』(ストーリー・ノモ)
  • 2020.10.23 - 10.25
  • * タジキスタン『魔法の泉』
『怪物「ヨン」を描く』 (文化・芸術教育ザ・ベフ)
  • 2020.12.3 - 12.6
  • * 中国『怪物「ヨン」の物語』
* 上記プログラムは、キャストの事情により変更されることがあります。
場所の詳細

子供文化院, 子供劇場

子供文化院

Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485

ACC WEBZINE

웹진 구독하기

개인정보 수집 및 활용 동의가 필요합니다.

수집내용

  1. 1. 수집이용목적: ‘웹진ACC’ 발송
  2. 2. 수집항목: 이메일 주소
  3. 3. 보유(이용)기간: 2년
  4. 4. 동의거부에 따른 불이익:
    개인정보 수집 동의를 거부하실 수 있습니다. 다만,
    동의하지 않을 경우 ‘웹진ACC’를 받아보실 수 없습니다.
    개인정보는 위 수집·이용 목적 이외의 다른 목적으로 사용하지 않습니다.

웹진을 포함한 국립아시아문화전당(ACC) DM발송은 ACC홈페이지 회원가입을 통해 받아보실 수 있습니다.