본문 바로가기

메뉴

Ministry of Culture, Sports and Tourism. Asia Culture Center

『アジア・カルチャー・マーケット』

write
2019-09-25

Lookup   141


ACM:アジアカルチャー・ケット


立アジア文化殿堂(ACC)は、人ぐ架け橋の役割を果たし、驚くべきアイデアやイベント、そして組織をつくることで、私たちに常に驚きをけてくれます。アジア文化殿堂では、愛する人が一堂にし、しいひと時を過ごす、心のたされる光景を見ることができます。人の表情に浮かぶ笑みを見ていると、インスピレションと活力が沸いてきます。アジア文化殿堂は、あらゆる人々に自らの能力を発揮する機えるだけでなく、その能力をもって事業を展開することができるよう、支援を行っています。最近、モリと私は、アジアカルチャー・ケット(Asia Culture MarketACM』に行ってきました。ここで私たちは、若くて才能に溢れる人が積極的に事業を展開する姿を目の当たりにしました。以下では、今回のマケットで私たちが感じたぬくもり、そして、私たちの目を引いた興味深い商品のについてご紹介したいと思います。



何より『アジア・カルチャー・マーケット』は、企画から事業化、そして公開の段階すべてにわたって想像力にちた、実的な文化コンテンツを作り出し、流通させるプラットフォームで、地域と都市の境界を越えて活動を展開しています。マーケットが開かれる日は、人々がつくった珍しい色々なものを見ることができます。一つひとつが個性的で、それぞれが深みのある物語をもっており、商品の値を高めています。鼻歌まじりにあちこちを見て回り、気に入ったものを発見したとしても、その中にされた物語を感じ取るためには、十分に時間をかけることが大切です。私が惹かれた作品は、Jamie_ヒョンジョンの工芸品でした。ヒョンジョンさんの想像力と作品が、私の眼をくぎ付けにしたのです。ヒョンジョンさんは、自分の母親と家族をテーマに絵を描き、本を出しています。私は韓国語があまりできませんが、ヒョンジョンさんがなぜ本を書いているのか知ることができ、その本がとても意味深くセンスの良いものだということは十分感じ取ることができました。



その他にもマーケットでは、自らの文化と伝統を深く愛する人々に出会うことができました。彼らは、マーケットでの事業を通じて自分たちの文化が停しないようにしたいという強い意志を持っていました。その事業の名は、「モダン・ハン(Modern Han)」といいます。伝統的なコンテンツを門とする機関で、伝統文化の分野に事する現代のアーティスト150人で構成されていて、ビジネスのプラットフォームを通じて伝統文化の大衆化とグローバル化をリードしています。さらにモダン・ハンは、韓国を代表する伝統的なブランドを開発し、韓国文化を世界に広めるための礎になることを目標にげています。また、伝統公演やイベントを企画・実施し、伝統芸術に事する人々の代理人の役割を果たし、さらには、伝統文化商品を製作し、流通させています。この日、モリーと私は、韓国の伝統衣装である韓服の特ほぼそのまま活かした、多で、かつ色鮮やかな、ディテールを持つモダンな改良韓服を着てみることができました。


そして、自分の作品にする情熱により、人々を惹きつける百人のアーティストがいました。そのアーティストたちは、『アジア・カルチャー・マーケット』ですでに有名人になっています。今回のイベントで見ることができたキュートな絵のステッカー、愛くるしいキャラクターのテープ、々な塗り絵の本、装飾品、カバン、タンブラー、携ケース、楽しい子ども向けのゲーム、ノートパソコンのポーチ、そして々な絵を見物するのに忙しく、時間が経つのも忘れてしまいました。色とりどりの品々を楽しみ、喜ぶ人々の眼と表情、そして、話し合う姿からは、幸福感がはっきりと浮き出ていました。




驚いたことに、『アジア・カルチャー・マーケット』は、人々に幼年時代にって遊ぶ感覚を思い出させ、日々の仕事や暮らしの中で感じるストレスをしばらく忘れさせてくれる時間を与えてくれました。ある場所では人々が集まって漫画をみ更けり、他の場所では美味しいお菓子で小さな家をつくっている人々も見かけました。


アジア文化殿堂は、忙しい日々を過ごす中で、人々が互いに身近に接することができる、魔法のような場所だと思います。アジア文化殿堂が、時代のトレンドをリードし、人々の間に流れる気まずい空気を打ち破って親しくなれるように役立ち、これからも『アジア・カルチャー・マーケット』のような多で、かつ興味深いプログラムを誘致してくれることを願っています。その願いは、きっと実現するでしょう。また、才能あふれる人が自分の道を歩み続け、近い将来成功をおさめることができるよう、支援と激を惜しまないことを願っています。


文:カムダモーヴァ・ナジーナ(Khamdamova Nigina)&イマローヴァ・モヒヌール(Imarova Mohinur)、第12ACC記者団

デザイン:シム・ソラ、第12ACC記者団

Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485