본문 바로가기

메뉴

Ministry of Culture, Sports and Tourism. Asia Culture Center

ACCブランチコンサート9番目のストーリー:『マエストロ―ソ・ヒテのBon voyage, Classic』

write
2019-10-01

Lookup   248

ACCブランチコンサ9番目のストーリー:『マエストロ―ソヒテのBon voyage, Classic

どこの文化出身なのかとは関係なく、人は皆、音楽が好きです。音楽は魂を豊かにし、悲しみや喜び、幸せ、愛など、々な感情や感じ方を表現してくれます。多くの人は、音楽を自らの精神的な足と結びつけて考えます。そして、こえてくるリズムに合わせ、思わず身体を動かしたり、踊ったりします。音楽は、人間にとって文化や芸術が何たるかを物語ってくれるものです。音楽は喜びを与え、心配事を忘れさせ、心の傷を癒してくれます。音楽をくということは、精神と身体のどちらの面にも資するものです。多くの研究結果が、音楽鑑賞がうつ病の治療において大重要であるということを示しています。


ブランチコンサートは、アジア文化殿堂(ACC)で開催されているコンサートシリーズです。本シリーズでは、著名な音楽家たちが自らの音楽を通じてに楽しさをてくれます。今年の2019年には、15回のコンサートが開かれます。現在まで9回の公演が行われており、りの6回の公演もスケジュール通り進められる予定です。最近、その9番目の公演が、『敷居は低く、楽しさはアップさせて』というタイトルで、ACC芸術劇場・劇場2において開かれました。老若男女問わず、クラシック音楽が楽しめるひと時を過ごすことができたと思います。曲が終わる度に、奏者に大きな拍手とが送られるを見て、が皆、音楽を心から愛していることを感じることができました。は静かに音楽をいていましたが、他の奏者が舞台に上がる度に、さらに熱烈な拍手を送っていました。


背景や映像の選び方も、すべて素晴らしいものばかりでした。特に、映像と音楽の調和は、すべての人々を感動の渦に巻きみました。音楽家たちが、映像と音楽とを合わせるためにどれほど努力を傾けたか、ひしひしと感じ取ることができました。デジタルサウンドが一切入らないコンサートを観することは、私にとって初めての経した。しかも、どの楽器にもマイクが付いていませんでしたが、奏者は皆、とても楽しそうに演奏を続けていました。けばほど、深く豊かなメロディーがあふれ出てきました。


コンサートの途中で、声楽家が舞台に上がり、とても驚きました。奏者の演奏に合わせ、マイクなしでオペラのアリアを歌いあげるその美声は、きっとすべてのを魅了したことでしょう。交響楽団も、プロらしい姿を見せてくれました。ソ・ヒテ指揮者は、釜山大学音楽学科を卒業し、オーストリア・ウィーン市立音楽院の「最高演奏者課程オペラ科」を卒業し、イタリアのドニゼッティアカデミーでオーケストラとオペラの指揮を攻しました。2008年には、人気を博したMBCドラマミニシリーズ『ベートーベン・ウィルス〜愛と情熱のシンフォニー〜』の芸術監督を務めてドラマを成功させるとともに、その後々のコンサートの指揮や『キム・ヨナのアイスショー』を手掛けるなど、大衆的な活動も展開しています。さらに、KBS『クラシック・オデッセイ』、『開かれた音楽会』の司会を務めるなど々な放送活動や韓国能率協会(KMA)クラシックアート経最高経者課程のリーディングメンターとして講演を行うなど、多岐にわたる分野で活躍し続けています。

今回の公演の奏者は、それぞれの分野で素晴らしい門性を示し、に喜んでもらうために、最善を尽くしていました。


私のように、素晴らしい経をしたいと思いませんか。音楽が好きですか。悲しみを忘れたいと思いませんか。愛する人と、思い出になるひと時を過ごしたいと思いませんか。そういう方はぜひ、925日に開かれる13番目のストーリー、『ジャズのディーヴァ—MALO×ハーモニカのプロ—チョン・ジェドクの「秋のジャズ散策」』、1030日に予定されている14番目のストーリー、『音楽評論家ぺ・スンタクの「私の頭の中のモダン・ポップ」』、そして1127日に開かれる15番目のストーリー、『ミュージカル俳優キム・ホヨンの「喜の味」』をチェックしてみてください。


この機会をお見逃しなく!今すぐご予約を!


シャー・ナワズ・シャン(Shah Nawaz Shan)、第12ACC記者団

デザイン:シム・ソラ、第12ACC記者団

Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485