본문 바로가기

메뉴

ACC 국립아시아문화전당 ASIA CULTURE CENTER

『ACC公演』は、アジアにおける同時代の舞台芸術の創作・制作プラットフォームです。

『ACC公演』は、「アジア」をテーマにした舞台芸術作品の制作と流通のプラットフォームを目指しており、光州(クァンジュ)という小さな同心円から始まり、韓国、アジア、ひいては世界と交流する国際的なハブとしての地位を築こうと努力しています。ジャンルの垣根を越えて、新しい舞台作品の未来をリードする「創作·制作公演」、子どもからお年寄りまですべての年齢層が楽しむことのできる多彩な文化芸術プログラムによる「企画公演」、注目の話題の公演を招待することで市民の文化を享受できる機会の拡大に貢献する「招待公演」などに取り組んでいます。

創作・制作公演

ACC最適化公演

ジャンルの境界を越えた、新しい舞台作品を制作します。

国立アジア文化殿堂の芸術劇場・劇場1は、韓国最大の可変型ブラックボックスタイプの劇場です。一般的なプロセニアム・アーチ型の舞台にとどまらず、空間やジャンルの限界を越えた、新しいコンセプトの舞台作品の制作を目指しています。公募事業は、国立アジア文化殿堂の可変型のシアター構造と舞台システムを最大限に活用した最適化されたコンテンツを制作することで、ACCならではのレパートリーの開発を目標に掲げています

ACC最適化公演現場

自主制作公演

国立アジア文化殿堂 自主制作公演

国立アジア文化殿堂・芸術劇場では、アジアの文化資源を様々な形の公演コンテンツとして開発し、これを国内外に紹介しています。2015年の子ども劇『ケラケラの木』をはじめ、2016年に子ども劇『小さな楽士』、2017年に英語ミュージカル『トレジャーハンターズ』を制作して国内外でも公演を行っており、2018年には映画の吹き替えショー『自由結婚』、アニメーション音楽劇『水宮歌』を制作しています。

어린이극 깔깔나무

共同制作公演

国立アジア文化殿堂 共同制作公演

韓国をはじめ様々なアジアのキュレーターが、それぞれの異文化の社会的・文化的テーマについて話し合い、これを様々な形の芸術形式としてひも解き、作品として共同制作しています。さらに、光州や全羅道の地域の芸術団体と協力して制作することで、地域コミュニティにおける芸術の基盤を強固なものにしています。芸術作品だけでなく、大衆的な作品、さらには子どもや青少年向けの教育と公演を組み合わせた「教育目的の公演」を開発することで、ACCの活動範囲をさらに広げようとしています。

광주시립발레단<쓰리볼레로>

企画公演

ACCブランチコンサート

Brunch concert

ACCブランチコンサート

市民に日常の中の憩いのひとときを提供し、難しく感じられがちな芸術の敷居を下げるために企画された芸術トークコンサートです。毎月最終水曜日の「文化のある日」の午前11時から行われ、公演後にはコーヒーや軽食が提供されて、コンサートの余韻に一緒に浸ることができます。

ACCブランチコンサート

ACCinema

真夏の夕涼みにぴったりの屋外映画館。「ACC」と「Cinema」を合わせた造語で、
芸術劇場・劇場1の外部のビッグドア(Big Door)を開いて、単一の映画や公演と連携した映画を上映します。家族連れで楽しむことのできる無料の屋外プログラムです。

劇場1の外部

빅도어 상영모습ビッグドア

ACC市民オーケストラプロジェクト

舞台上で繰り広げられる公演をただ観覧するだけでなく、観客自らがコンサートを作り上げる貴重なチャンスです。
ステージ上の華麗な演奏家を夢見ていた方や、将来演奏家になることを夢見ている方。
今は繰り返される日常に疲れて、押し入れの中にしまったままの楽器。
そんな楽器たちは、いつもステージに上がることを夢見ているかもしれません。
あなたの押し入れの中の楽器を、もう一度お出しいたします。そして、忘れていた夢を取り戻し、生きる喜びをもう一度感じてみませんか。

피아노 연주바이올린 연주

ACC同時代芸術フェスティバル

国立アジア文化殿堂の大きな公演フェスティバルのひとつで、アジアをテーマに世界中の作曲家たちから音楽を公募し、世界中の有名アーティストが参加します。
今年は、ネルソン・マンデラ生誕100周年、そして作曲家のジョージ・ガーシュウィン生誕120周年を記念するケープタウン・オペラ・カンパニーのオペラ『ポーギーとベス』や、東アジア・南アジア・西アジアの特徴を生かしたアジアの音楽・物語・公演に出会うことができます。

大晦日コンサート

Happy New Year!

国立アジア文化殿堂では、2019年を締めくくり、2020年を迎える大晦日コンサートを開催します。
一般の方々に人気の高いレパートリーからACC関連の創作曲まで聴衆の満足度を高めるプログラムを組み、芸術劇場のコンセプトや年間計画、ビジョンなどについて理解してもらえるように構成された、2019年最後の公演プログラムです。

室内劇場

招待公演

国立アジア文化殿堂では、自主制作公演だけでなく、ACCの運営目標とビジョンにかなった作品を招待し、観客が国内外の優れた作品に出会える機会を提供しています。

招待公演

施設の貸出

演劇、ミュージカル、コンサート、舞踊など、様々なジャンルの舞台として活用できます。

子ども向け公演

芸術的感性と夢を育む楽しい想像の旅

アジアの豊富なストーリーを活用したクリエイティブな子ども向け公演の制作・支援により、様々な文化に対する理解を深めて共感できる、コミュニケーションと創作活動の場を提供します。

어린이 공연 모습

ACC 劇場の紹介

  • 劇場1 景色

    劇場1
    ACCの公演によるアジア舞台芸術の創作・制作・流通プラットフォームで、国際的なハブとなる空間が劇場1です。劇場1は、四面のひとつにビッグドア(Big Door)が設けられており、それを開けることで空間を拡張して使用することのできる韓国最大の可変型ブラックボックス(Black Box)シアターです。制作者のクリエイティブなアイデアに応じて、プロセニアム・アーチ型のステージからL字型・T字型ステージ、円形アリーナタイプの会場まで、舞台と客席を自由自在に変形させて使用することができます。さらに、ひとつの空間を2分割・3分割し、それぞれ独立して作品を上演することも可能です。客席数は最大1,120席まで可変的に設置可能で、ビッグドアを開けてステージと客席を屋外に拡張することもできます。芸術劇場の地下4階に位置しています。
  • 劇場2 景色

    劇場2
    一般的なプロセニアム・アーチ型のシアターで、演劇、舞踊、クラシック音楽など、様々なジャンルの公演を上演できる空間です。客席数は512席で、クラシックコンサートのための音響反射板やオーケストラピットが設けられています。ウィリアム・ケントリッジのオペラ『ユリシーズの帰還』、光州市立バレエ団『春の祭典G.』、アジア伝統オーケストラによるコンサート、そして毎月様々なジャンルの公演が行われる『ACCブランチコンサート』などが開かれています。芸術劇場地下3階に位置しています。
  • 劇場3 景色

    劇場3
    講堂型のホールで、小規模の公演やセミナー、講演会、リサイタルなどを行うことのできる空間です。客席数は248席で、舞台セットの必要ないピアノ・リサイタルや舞踊、トークライブなどを行っています。文化情報院地下3階に位置しています。
  • 子ども劇場 景色

    子供劇場
    客席が舞台を囲む形になっている100席規模の半円形状の子ども向けシアターです。客席が階段状になっていて親御さんとお子さまが一緒に座って観覧することができ、舞台と客席がひとつの空間として構成されています。国立アジア文化殿堂が制作した子ども創作・制作公演『ケラケラの木』、『小さな楽士』、『ズンチャッチャ1920』などの作品が上演されており、家族連れの観客を対象にした小さなコンサートも可能です。子供文化院地下2階に位置しています。

Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485

ACC WEBZINE

웹진 구독하기

개인정보 수집 및 활용 동의가 필요합니다.

수집내용

  1. 1. 수집이용목적: ‘웹진ACC’ 발송
  2. 2. 수집항목: 이메일 주소
  3. 3. 보유(이용)기간: 2년
  4. 4. 동의거부에 따른 불이익:
    개인정보 수집 동의를 거부하실 수 있습니다. 다만,
    동의하지 않을 경우 ‘웹진ACC’를 받아보실 수 없습니다.
    개인정보는 위 수집·이용 목적 이외의 다른 목적으로 사용하지 않습니다.

웹진을 포함한 국립아시아문화전당(ACC) DM발송은 ACC홈페이지 회원가입을 통해 받아보실 수 있습니다.