본문 바로가기

메뉴

ACC 국립아시아문화전당 ASIA CULTURE CENTER

新規会員登録

  1. 01. ご利用規約 に同意
  2. 02. 登録フォームに入力
  3. 03. 登録完了/ログイン

01. ご利用規約 に同意

下記並びに国立アジア文化殿堂のご利用規約、個人情報保護方針に関する案内をよくお読みいただき、ご同意の上、会員登録を行ってください。

利用規約及び個人情報の収集と利用に関するご案内

会員の利用規約

  • 第1章 総則
    • 第1条 (目的)
    • 第2条 (規約の効力と変更)
    • 第3条 (規約以外の準則)
    • 第4条 (用語の定義)
  • 第2章 サービスの提供及び利用
    • 第5条 (利用契約の成立)
    • 第6条 (会員情報の使用に対する同意)
    • 第7条 (使用者の情報セキュリティー)
    • 第8条 (サービスの利用時間)
    • 第9条 (サービスの中止及び情報の保存と使用)
    • 第10条 (サービスの変更及び解除)
    • 第11条 (掲示物の著作権)
    • 第12条 (会員の行動規範及びサービス利用の制限)
  • 第3章 義務及び責任
    • 第13条 (国立アジア文化殿堂サイトの義務)
    • 第14条 (会員の義務)
  • 第4章 前売りサービス及びキャンセル
    • 第15条 (前売りサービスの提供)
    • 第16条 (前売りの手数料)
    • 第17条 (受信確認の通知)
    • 第18条 (前売券のキャンセル・払戻)
  • 第5章 その他
    • 第19条 (所有権)
    • 第20条 (譲渡禁止)
    • 第21条 (損害賠償)
    • 第22条 (免責条項)
    • 第23条 (管轄裁判所)

附則s

第1章 総則
第1条 (目的)

本規約は国立アジア文化殿堂サイトが提供するすべてのサービス(以下、「サービス」という)の利用条件及び手続、利用者と国立アジア文化殿堂サイトの権利、義務、責任事項とその他必要内容を規定することを目的とします。

第2条 (規約の効力と変更)
  1. 1.国立アジア文化殿堂サイトは貴下が本規約の内容に同意した場合、国立アジア文化殿堂サイトが提供するサービス行為及び貴下が使用するサービス行為に本規約が優先的に適用されます。
  2. 2.国立アジア文化殿堂サイトは本規約を事前告知なく変更することができ、変更された規約は国立アジア文化殿堂サイトで告知したりEメールにより会員に知らせ、告知と同時にその効果が発生します。使用者が変更された規約に同意しない場合、利用者は本人の会員登録をキャンセル(脱会)することができ、継続使用の場合は規約変更に対する同意とみなされます。
第3条 (規約以外の準則)
  1. 1.本規約は文化殿堂が提供するサービスに関する利用規定及び別途規約と一緒に適用されます。
  2. 2.本規約に明記されていない内容は電気通信基本法、電気通信事業法、情報通信倫理委員会審議規定、情報通信倫理綱領、プログラム保護法の他関連法規制に従います。
第4条 (用語の定義)

本規約で使用する用語の定義は以下の通りです。

  1. 1.利用者: 本規約により国立アジア文化殿堂サイトが提供するサービスを受ける者。
  2. 2.会員登録: 国立アジア文化殿堂サイトが提供する申込書の様式に該当情報を記入し、本規約に同意してサービスの利用契約を完了させる行為。
  3. 3.会員: 国立アジア文化殿堂サイトに個人情報を提供して会員登録をした者で、国立アジア文化殿堂サイトが提供するサービスを利用できる者。
  4. 4.パスワード: 利用者と会員情報が一致するかを確認し、通信における自分の秘密保護のために利用者自らが選んだ文字と数字、特殊文字の組み合わせ。
  5. 5.脱会: 会員が利用契約を終了させる行為。
第2章 サービスの提供及び利用
第5条 (利用契約の成立)
  1. 1.利用契約は申込者がオンラインで国立アジア文化殿堂サイトが提供する所定の加入申込様式から求められる内容を記録して会員登録を完了することで成立します。
  2. 2.国立アジア文化殿堂サイトは以下の各号に該当する利用契約に対しては登録を取り消すことができます。
    1. ア.他人名義で申し込んだ場合
    2. イ.利用契約申込書の内容を虚偽で記載した場合
    3. ウ.社会の安寧や秩序、または公序良俗を阻害する目的で申し込んだ場合
    4. エ.他人が国立アジア文化殿堂のサービスを利用するのを妨害したりその情報を盗用するなどの行為をした場合
    5. オ.国立アジア文化殿堂サイトを利用して法規制や本規約が禁止している行為をした場合
    6. カ.他人に対する非難及び陰謀を目的にサイトを利用する場合
    7. キ.その他国立アジア文化殿堂が定めた利用申込の条件を満たしていない場合
  3. 3.国立アジア文化殿堂は以下の各項に該当する場合、その事由が解消されるまで利用契約の成立を保留することができます。
    1. ア.サービスに関する諸容量が足りない場合
    2. イ.技術上の障害事由がある場合
第6条 (会員情報の使用に対する同意)
  1. 1.国立アジア文化殿堂の会員情報は以下のように収集・管理・保護されます。
    1. ア.個人情報の収集: 国立アジア文化殿堂は貴下の会員登録の際に貴下が提供する情報、コミュニティに活用するために貴下が提供する情報、あらゆるイベント参加のために貴下が提供する情報、広告や景品取得のために貴下が提供する情報などから貴下に関する情報を収集します。
    2. イ.個人情報の利用: 国立アジア文化殿堂は会員サービスの提供に関して収集された会員の個人情報を本人の承諾なく第3者に漏らしたり配布しません。ただし、電気通信基本法など法律の規定により国家機関の要求があった場合は、犯罪に対する捜査の目的があるか情報通信倫理委員会の要請がある場合、またはその他の関係法規制で定められた手続きによる要請がある場合はその限りではありません。
    3. ウ.個人情報の管理: 貴下は個人情報の保護及び管理のためにサービスの個人情報管理から随時貴下の個人情報を修正・削除することができます。受信される情報のうち不要と考えられる部分も変更できるようになっております。
    4. エ.個人情報の保護: 貴下の個人情報は本人だけが閲覧・修正・削除でき、それは貴下のIDとパスワードでのみ管理されます。そのため、IDやパスワードを他人に教えてはいけません。
    5. オ.その他: 掲示板やオンラインで貴下が自発的に提供する個人情報は他人が収集して使用することもあり得ることに注意してください。公開された空間に掲載される個人情報により望んでいない状況が発生することがあります。個人情報の秘密保持責任は貴下にあり、国立アジア文化殿堂は個人情報の流出により発生した結果に対してはいかなる責任も負いません。
  2. 2.会員が国立アジア文化殿堂に対して本規約に従い利用を申し込むのは国立アジア文化殿堂が本規約により申込書に記載された会員情報の収集、活用及び提供に同意したものとみなされます。
第7条 (使用者の情報セキュリティー)
  1. 1.申込者が国立アジア文化殿堂サイトの会員登録手続きを完了するその瞬間から、貴下には入力した情報の秘密を保持する責任があり、会員のIDとパスワードを使って発生する一切の結果に対する責任は会員本人にあります。
  2. 2.IDやパスワードに関する一切の管理責任は会員にあり、会員のIDやパスワードが不正に使用されたことを発見した場合は直ちに国立アジア文化殿堂サイトに通報しなければなりません。通報しないことによる一切の責任は会員本人が負います。
  3. 3.利用者は国立アジア文化殿堂サイトのサービス使用を終了する際には間違いなくアクセスを終了する必要があり、明らかに終了しないことで第3者が貴下の情報を利用するなどの結果により発生する損害や損失に対しては国立アジア文化殿堂サイトは責任を負いません。
第8条 (サービスの利用時間)
  1. 1.サービスの利用時間は国立アジア文化殿堂の業務あるいは技術に特別な支障がない限り連中無休、1日24時間を原則とします。
  2. 2.第1項の利用時間は定期点検などの必要に応じて国立アジア文化殿堂が定めた日または時間は例外とします。
第9条 (サービスの中止及び情報の保存と使用)
  1. 1.貴下は国立アジア文化殿堂のサービスに保存されたり送信されたメッセージなどの内容が国家の非常事態、停電、国立アジア文化殿堂の管理範囲に含まれないサービス設備の障害及びその他やむを得ない事由により保存されなかったり削除された場合、または送信されていない場合及び通信データに損失が発生した場合、国立アジア文化殿堂はその責任を負いません。
  2. 2.国立アジア文化殿堂が正常なサービス提供が困難であるため一時サービスを中止しなければならない場合は、サービス中止2週間前に告知してからサービスを中止することができ、その間に貴下が告知の内容を認識できなかったことに対して国立アジア文化殿堂は責任を負いません。やむを得ない事情がある場合は、上記の事前告知期間が短縮・省略されることがあります。また上記のサービス中止により本サービスに保存されたり送信されたメッセージなどの内容が保存されなかったり削除された場合、または送信されていない場合及びその他通信データに損失が発生した場合、国立アジア文化殿堂はその責任を負いません。
  3. 3.国立アジア文化殿堂は事前告知後にサービスを一時修正・変更及び中止することができ、それについては貴下または第3者に対していかなる責任も負いません。
  4. 4.国立アジア文化殿堂は利用者が本規約の内容に反する行動をした場合、任意でサービスの利用を制限及び中止することができます。
第10条 (サービスの変更及び解除)
  1. 1.国立アジア文化殿堂サイトは貴下がサービスを利用することにより期待する損益やサービスから得た資料による損害について責任を負わず、会員が本サービスに掲載した情報・資料・事実の信頼度・正確性などの内容についても責任を負いません。
  2. 2.国立アジア文化殿堂サイトはサービスの利用に関して会員に発生した損害のうち、会員の故意または過ちによる損害に対しては責任を負いません。
第11条 (掲示物の著作権)
  1. 1.貴下が国立アジア文化殿堂の掲示板(BBS)に登録した書き込みの権利は貴下にあります。
  2. 2.国立アジア文化殿堂は掲示された内容を事前に通知せずに編集・移動する権利を保有し、以下の場合は事前通知なしに削除することができます。
    1. ア.本サービス規約を違反したり商用または違法、淫乱、低俗と考えられる書き込みを登録した場合
    2. イ.他の会員または第3者を非難したり中傷で名誉を毀損する内容である場合
    3. ウ.公共秩序及び公序良俗に反する内容である場合
    4. エ.犯罪行為と結びつくと認められる内容である場合
    5. オ.第3者の著作権などその他の権利を侵害する内容である場合
    6. カ.その他関係法規制を違反した場合
  3. 3.貴下の書き込みが他人の著作権を侵害することにより発生する民事・刑事の責任はすべて貴下が負わなければなりません。
第12条 (会員の行動規範及びサービス利用の制限)
  1. 1.貴下が提供する情報の内容が虚偽(借名、実名でないなど)で判明されたり、それを疑うに値する合理的な事由が発生した場合、国立アジア文化殿堂は貴下のサービス利用を一部または全部中止することができ、それにより発生する不利益に対しては責任を負いません。
  2. 2.貴下が国立アジア文化殿堂サービスから掲示・送信・入手したり電子メールなど別の手段で掲示・送信または入手したあらゆる形の情報に対しては貴下がすべての責任を負い、国立アジア文化殿堂はいかなる責任も負わないものとします。
  3. 3.貴下は本サービスから以下のような行動をしないことに同意します。
    1. ア.他人のIDとパスワードを盗用する行為
    2. イ.低俗、淫乱、侮辱的、脅威的であったり他人のプライバシーを侵害しうる内容を送信・掲示・掲載・電子メールまたはその他の方法で送信する行為
    3. ウ.法律や契約に基づいて利用できない内容を掲示・掲載・電子メールまたはその他の方法で送信する行為
    4. エ.他人の特許・商標・営業秘密・著作権・知的財産権を侵害する内容を掲示・掲載・電子メールまたはその他の方法で送信する行為
    5. オ.国立アジア文化殿堂の承認を得ていない広告・販促物・ジャンク・迷惑・幸運の手紙・その他別の形での勧誘を掲示・掲載したりその他の方法で送信する行為
    6. カ.他の使用者の個人情報を収集または保存する行為
  4. 4.国立アジア文化殿堂は会員が本規約を違反したと判断した場合、サービスに関するすべての情報を利用者の同意なく削除することができます。
第3章 義務及び責任
第13条 (国立アジア文化殿堂サイトの義務)
  1. 1.国立アジア文化殿堂には法規制や本規約が禁止したり公序良俗に反する行為をせず、持続的かつ安定的にサービスを提供するために努める義務があります。
  2. 2.国立アジア文化殿堂は特別な事情がない限り、利用者が申し込んだサービス提供開始日にサービスが利用できるようにします。
  3. 3.国立アジア文化殿堂は会員の個人情報を本人の承諾を得ずに他人に漏らしたり配布してはいけません。ただし、電気通信に関する法律など関係法規制に基づいた関係国家機関などの要求があった場合はその限りではありません。
  4. 4.国立アジア文化殿堂は利用者が安全に国立アジア文化殿堂サービスを利用できるよう、利用者の個人情報(信用情報を含む)を保護するためのセキュリティーシステムを構築しなければなりません。
  5. 5.国立アジア文化殿堂は利用者の帰責事由によるサービス利用の障害に対して責任を負いません。
第14条 (会員の義務)
  1. 1.会員登録時に求められる情報は正確に記入しなければなりません。またすでに提供された貴下に対する情報が正確であるように維持・更新する必要があり、会員は自分のID及びパスワードを第3者が利用するようにしてはいけません。
  2. 2.会員は国立アジア文化殿堂の事前承諾を得ずにはサービスを利用していかなる営利行為をすることもできません。
  3. 3.会員は国立アジア文化殿堂のサービスを利用して得た情報を国立アジア文化殿堂の事前承諾を得ずに複写・複製・変更・翻訳・出版・放送・その他の方法で使用したり他人に提供することができません。
  4. 4.会員は国立アジア文化殿堂のサービス利用に関して以下の各号の行為をしてはいけません。
    1. ア.別の会員のIDを不正に使用する行為
    2. イ.犯罪行為を目的にしたりその他犯罪行為に関連する行為
    3. ウ.善良な風習、その他社会秩序を阻害する行為
    4. エ.他人の名誉を毀損したり侮辱する行為
    5. オ.他人の知的財産権など権利を侵害する行為
    6. カ.ハッキングまたはウィルスの流布行為
    7. キ.他人の意思に反して広告性格のある情報など特定内容を持続的に送信する行為
    8. ク.サービスの安定的運営に支障をきたしたりきたす恐れがある一切の行為
    9. ケ.国立アジア文化殿堂サイトに掲示された情報の変更
    10. コ.その他電気通信法第53条と電気通信事業法の施行令第16条(不穏通信)、通信事業法第53条第3項を違反する行為
第4章 前売りサービス及びキャンセル
第15条 (前売りサービスの提供)
  1. 1.国立アジア文化殿堂サイトから前売りサービスを提供します。購入可能期間は利用者が利用するサービスにより異なる場合があり、クレジットカード決済でのみ利用できます。これは国立アジア文化殿堂サイトの利用案内に明記された内容に従います。前売りサービス政策の変更はその内容をEメールやポップアップで告知することによりその効果が生じます。
  2. 2.国立アジア文化殿堂サイトは利用者が利用した前売りサービスの内訳を会員の「マイページ」に明記します。
第16条 (前売りの手数料)

国立アジア文化殿堂サイトが提供する前売りサービスの手数料はチケット賦課基準に従います。また手数料政策は会員に通知してから変更されることがあります。

第17条 (受信確認の通知)
  1. 1.国立アジア文化殿堂サイトは利用者の利用申込があった場合、利用者に受信確認を通知します。
  2. 2.受信確認通知を受けた利用者は、意思表示の不一致などがある場合は受信確認通知を受けてから直ちに購買申込のキャンセルを要請することができます。
第18条 (前売券のキャンセル・払戻)
  1. 1.前売券のキャンセル、払戻の要請は国立アジア文化殿堂サイトで、または直接訪問して行うことができます。キャンセルの締め切りは観覧前日の午後5時までです。それ以降はキャンセルできません。
  2. 2.受信確認通知を受けた利用者は意思表示の不一致などがある場合、受信確認通知から直ちに購買要請のキャンセルを要請することができます。
  3. 3.前売りのキャンセルタイミングと該当クレジットカード会社の払戻処理基準に従ってキャンセル金額の返金方法と返金日はやや異なる場合があり、使用したクレジットカードの返金に対してはクレジットカード会社に直接お問い合わせください。前売り状態が振り込み後キャンセルまたはキャンセル、全体返金である場合、国立アジア文化殿堂サイトで正常にキャンセル処理されたことをお伝えいたします。
  4. 4.インターネット上の部分キャンセル(人数変更、台数の調整など)は不可能です。全体キャンセルしてから再度購入する必要があります。
第5章 その他
第19条 (所有権)
  1. 1.国立アジア文化殿堂が提供するサービス、それに必要なソフトウェア・画像・マーク・ロゴ・デザイン・サービス名称・情報及び商標などに関連した知的財産権及びその他の権利は国立アジア文化殿堂にあります。
  2. 2.貴下は国立アジア文化殿堂が明示的に承認した場合を除いて前項の特定各財産に対する全部または一部の修正・レンタル・貸出・販売・配布・制作・譲渡・ライセンス再認証・担保の設定・商業的利用行為を行うことができず、第3者がその行為をするように許可することができません。
第20条 (譲渡禁止)

会員がサービスの利用権限、その他利用契約上の地位を他人に譲渡、贈与することができません。

第21条 (損害賠償)

国立アジア文化殿堂サイトは無料で提供されるサービスに関して会員にどのような損害が発生しても国立アジア文化殿堂サイトが故意で行った犯罪行為を除いてこれに対しては責任を負いません。

第22条 (免責条項)
  1. 1.国立アジア文化殿堂はサービスに対して提起されたいかなる意見や情報に確信を示したり代表する義務がなく、会員や第3者により表明された意見を承認・反対・修正しません。国立アジア文化殿堂はいかなる場合でも会員がサービスに盛り込まれた情報に依存して失った利益や被った損害に対して責任を負いません。
  2. 2.国立アジア文化殿堂は会員間または会員と第3者がサービスを介して物品の取引者金銭の取引に対していかなる責任も負わず、会員がサービスの利用に関して期待する利益に対して責任を負いません。
第23条 (管轄裁判所)

本サービスの利用に関して発生した紛争で訴訟が提起された場合、国立アジア文化殿堂の所在地を管轄する裁判所を専属の管轄裁判所にします。

附則

1. (施行日)本規約は2015年9月4日から施行されます。

個人情報収集及び利用に対する同意

収集する個人情報の項目
国立アジア文化殿堂は会員登録、円滑な顧客相談、あらゆるサービスなど基本的なサービスを提供するための必須情報と顧客に合わせたサービス提供のための選択情報に区別して、最初会員登録時に以下の最低限の個人情報を収集しております。
-必須項目:Eメール、パスワード、氏名、生年月日、性別 、住所、携帯電話番号
-選択項目: 性別、自宅の電話番号、国籍
*選択情報を入力していない場合でもサービス利用に制限はなく、敏感な個人情報(人種、思想及び信条、犯罪及び医療記録など)は収集しません。
サービス利用中には以下のような情報が自動で生成され収集されることがあります。
-アクセスログ、クッキー、アクセスIP情報、決済記録
個人情報の収集及び利用目的

会員登録及びサービス利用時の本人確認

国立アジア文化殿堂で行われる公演チケットの事前購入、教育の申し込み、文化イベントの予約、定期的なメール送信

個人情報の保有及び利用期間

国立アジア文化殿堂ホームページの会員情報保有期間は2年で、利用者が脱会を要請したり個人情報の収集・利用に対する同意を撤回した場合はその個人情報を直ちに破棄します。

情報主体の権利
国立アジア文化殿堂の会員は、自分の個人情報処理に関して以下の権利をもちます。
-個人情報の処理可否を確認し、個人情報の閲覧(写しの発行を含む。以下同様)を要求する権利
-個人情報の処理停止、訂正・削除及び破棄を要求する権利
-個人情報の処理により発生した被害を迅速かつ公正な手続きにより救済される権利
権利行使の方法及び手続についてはホームページに掲示された「個人情報処理方針」を参照するようお願い申し上げます。国立アジア文化殿堂は情報主体の権利保障のために最善を尽くしてまいります。
同意拒否権及び同意拒否による不利益

会員は個人情報の収集・利用を拒否する権利があります。ただし、同意を拒否する場合には会員登録が不可能です。

  • 必須項目 :
  • 選択項目 :

Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485

ACC WEBZINE

웹진 구독하기

개인정보 수집 및 활용 동의가 필요합니다.

수집내용

  1. 1. 수집이용목적: ‘웹진ACC’ 발송
  2. 2. 수집항목: 이메일 주소
  3. 3. 보유(이용)기간: 2년
  4. 4. 동의거부에 따른 불이익:
    개인정보 수집 동의를 거부하실 수 있습니다. 다만,
    동의하지 않을 경우 ‘웹진ACC’를 받아보실 수 없습니다.
    개인정보는 위 수집·이용 목적 이외의 다른 목적으로 사용하지 않습니다.

웹진을 포함한 국립아시아문화전당(ACC) DM발송은 ACC홈페이지 회원가입을 통해 받아보실 수 있습니다.