본문 바로가기

메뉴

ACC 국립아시아문화전당 ASIA CULTURE CENTER

『ハーティーと道化師たち』

「ヴィシュヌ」が守る黄金の木の実を探し求めて旅立つ不思議な冒険!

『ハーティーと道化師たち』
  • 日時2020.8.13 - 8.16
  • 時間(木, 金) 11:00 / (土) 11:00, 15:00 / (日) 14:00
  • 場所子供劇場
  • 対象満5歳以上
  • 定員130
  • 料金 全席10,000ウォン※朝のお得割引き 2月4日(火)~3月8日(日)20%割引き(8,000ウォン)
  • 予約ホームページ / 切符売り場 / コールセンター / 現場受付
  • お問い合わせ+82-1899-5566
紹介
「ヴィシュヌ」が守る黄金の木の実を探し求めて旅立つ不思議な冒険!荒涼とした砂漠でばったり出会った王様と子ども。二人は、果たして黄金の木を見つけることができるのだろうか。
『ハーティーと道化師たち』は、インドの昔話『命の実、黄金の実』を題材にして制作されました。本作は、人間の尊い犠牲、生きることとは何か、死とは何かといった根源的な問いかけの答えを見つける旅路です。人形や仮面、影絵劇など多彩なオブジェと手法、美しい音楽、華やかな衣装など、数々の物語が共存するインドのエキゾチックな雰囲気が溶け込んだ作品です。
※『ハーティーと道化師たち』は、2019ACCアジアのストーリー:子供向け創制作コンテンツ『ハーティーと道化師たち』ショーケース(10月26日、子供劇場)で上演されました。その後、ドラマ、舞台、小道具などの完成度をさらに高めて、観客の皆さんにお届けします。
あらすじ
ここは死の砂漠。蜃気楼の向こうに、「ヴィシュヌ」という神が守る黄金の木がある。
黄金の木には、命の実と死の実がなっている。インドのグプタ王は、永遠の命を求めて黄金の木になる命の実を探す遠い旅に出る。

砂漠の中をさまよっていると、「グプタ」王は黄金の木になる死の実を求めて旅をしていた「アソ」という子どもに出会う。王が引き起こした戦争によって家族と離れ離れになってしまったアソは、王のことを憎んでいる。
紆余曲折の末、グプタ王とアソは、一緒に黄金の木を求めて旅立つ。黄金の木を守る神(ヴィシュヌ)は、あらゆる手を使ってグプタ王とアソを阻止しようとする―。
キャスト&スタッフ
制作:アジア文化院、劇団トバギ
작곡과 및 공연 내용 안내
キャスト
  • イム・ヘジョン、ソン・ウンジョン、パク・ジョンウン、カン・ジュンウォン、コ・ヨンウク
スタッフ
  • 演出:パク・ジョンウン
  • 脚本:パク・ジョンウン
  • 構成:劇団トバギ
  • 音楽監督・作曲:キ・チュンヒ
  • 舞台・小道具:リュ・サングン、イム・ホンス
  • 衣装:チョ・ヨンジャ
  • 照明:ポム・ソイン、ムン・ヒョンチョル
  • 音響:ト・ソニン
  • プロデューサー:ユ・ウンヘ
劇団トバギ
1983年11月に結成され、光州(クァンジュ)で創作劇を主に上演するなどの演劇活動を行っている劇団です。隣人と共に生き、隣人の本当の喜びと悲しみをくみ上げて舞台芸術に昇華させることで、人間性、そして社会と歴史の発展に貢献しようと努めています。
代表作
  • 『クムヒの五月』、『牡丹の花』、『青糸赤糸』
注意事項
  • 本公演は、皆様の円滑な観覧のため、5才未満のお子様の入場を制限しております。主宰側の要請がある場合、生年月日が記載された証明書類をご提示いただくことがありますので、ご来場の際にはお持ちください。ご両親の同伴があっても、年齢に達していないお子様は入場できませんので、ご了承ください。
  • 本公演は1人当たり4枚までご予約可能です。
  • 国立アジア文化殿堂は、快適な観覧環境をつくるため、観覧可等級、途中入場、写真撮影などに制限を設けております。 客席の入場に関する規定をご存知でないことにより生じる責任はご本人様にあります。当日、現場でのチケットの払い戻し、キャンセル、変更はできません。この点、ご注意ください。
  • ご予約のチケットのお受け取り又は現場でのご購入は、公演開始1時間前より可能です。客席へのご入場は、公演開始30分前から可能であり、公演開始後は入場が制限されることがありますので、公演開始10分前までに必ずご入場ください。
全体の日程
国立アジア文化殿堂は、アジアの豊かな文化資源を利用した公演の制作・運営を支援することで、子どもたちが文化の多様性を受け入れ、想像力を育むことのできる場を設けようと試みています。

『ACCアジアのストーリー:創制作子供向けコンテンツ制作事業』では、アジアのストーリーを題材にした公演を創作・制作するために、公募で選ばれたクリエイターたちがワークショップ、メンタリングプログラムを経て2019年10月~11月にショーケースを披露しました。その過程で出た観客と専門家からの意見をまとめて反映し、さらに完成度を高め、2020年2月から7月まで、本公演を行うことになりました。

カザフスタン、インド、タジキスタンなど、アジアのストーリーを原作としており、子どもたちが、アジアの想像力を糧に成長することができるでしょう。多くのご参加を心よりお待ちしております。
全体の日程について
작곡과 및 공연 내용 안내
『木の童子』
  • 2020年6月26日(木) – 6月28日(日)
  • * 韓国『木の童子と大洪水』
『ハーティーと道化師たち』 (劇団トバギ)
  • 2020年8月13日(木) – 8月16日(日)
  • * インド『命の実、黄金の実』
『怪物「ヨン」を描く』 (文化・芸術教育ザ・ベフ)
  • 2020年5月2日(土) - 5月5日(火)
  • * 中国『怪物「ヨン」の物語』
『三人組』(人形劇研究所インス)
  • 2020年6月4日(木) – 6月7日(日)
  • * カザフスタン『三人組物語』
『魔法の泉』(ストーリー・ノモ)
  • 2020年7月16日(木) – 7月19日(日)
  • * タジキスタン『魔法の泉』
* 上記プログラムは、キャストの事情により変更されることがあります。
場所の詳細

子供文化院, 子供劇場

子供文化院

Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485

ACC WEBZINE

웹진 구독하기

개인정보 수집 및 활용 동의가 필요합니다.

수집내용

  1. 1. 수집이용목적: ‘웹진ACC’ 발송
  2. 2. 수집항목: 이메일 주소
  3. 3. 보유(이용)기간: 2년
  4. 4. 동의거부에 따른 불이익:
    개인정보 수집 동의를 거부하실 수 있습니다. 다만,
    동의하지 않을 경우 ‘웹진ACC’를 받아보실 수 없습니다.
    개인정보는 위 수집·이용 목적 이외의 다른 목적으로 사용하지 않습니다.

웹진을 포함한 국립아시아문화전당(ACC) DM발송은 ACC홈페이지 회원가입을 통해 받아보실 수 있습니다.