본문 바로가기

메뉴

Ministry of Culture, Sports and Tourism. Asia Culture Center

『2019 ACCワールドミュージックフェスティバル』#3

write
2019-10-01

Lookup   282



2019 ACCワールドミュージックフェスティバル#3


どうしても知りたいので、この文章の容と関連する質問を一つしたいと思います。日、あるいは時間、もしくは暇さえあれば必ずやる、自分とは切り離すことができないもの、そのようなものを皆さんは持っていらっしゃいますか?


もし、そうだと答える方がいらっしゃるなら、そんな方とは「ハイタッチ!」ですね。


私がいつも楽しみ、心惹かれ、もう少し大袈裟に言うと私とは切り離すことのできないことがあります。私が心を捧げ、それきの人生は想像すらできない、そのようなもの。頭にくることがあっても私をなだめてくれ、私自身を理解する手助けをしてくれ、将来を夢見させてくれてを流す夜にはそのをぬぐってくれる存在。それは音楽です。私の人生の一部であり、私自身が音楽です。眠りから覚めたとき、シャワーを浴びるとき、食事や勉強をするとき、歩くとき、感じて泣いて眠るすべての時において、いつも自分と一にいてくれる唯一の存在です。この文章を書いている今も、一番好きな曲、Anni B SweetCapturing Images」をいています。


私はライブ音の熱烈なファンです。韓で開かれるライブには必ず加するようにしています。最近では、アジア文化殿堂(ACC)の『ACCルドミュジックフェスティバル』10周年イベントに加できるという貴重な機会を得ました。驚きにた、嬉しいイベントでした。今回のイベントで私が感じたことを明するのに、おそらくどのような表現を使しても語りきれないことでしょう。私にできたことといえば、その場に立って、手が痛くなるほど夢中になって拍手を送ることだけでした。『ACCルドミュジックフェスティバル』についてご存知でない方のために少し明しますと、今年で10周年を迎えたイベントで、な音を紹介し、市民がライブをしむことができる機を提供するためのものです。今年の『ACCルドミュジックフェスティバル』には、9からさまざまなミュジシャンたちが加しました。ワルドミュジックは、それぞれのの民族音楽をベースとしたで、クラシック、ジャズ、ロックなど多なジャンルの音が混在し構成されます。それぞれのの「文化」と「生活式」を網羅する音です。



すべてのバンドの演奏に、私は出るだけ最前列に座って音に浸っていました。ある公演では思わず踊りだしてしまいました。終わってからふと恥ずかしくなってしまいましたが。特に驚いたのはまわりの衆でした。な年層の衆が音しむ光景は、私に大きな喜びをえてくれました。家族と一に座っている子供たちとダンスをする衆の顔は、幸せにち、とても美しく活にあふれていました。音きながら家族連れが座っている姿を見ていると、私の幼い頃、姉妹たちとダンスをした記憶、その光景を見て拍手をしながら私の額にキスし、ほほえましく見守ってくれていたた親の幸せそうな笑顔が思い浮かびました。


今回のフェスティバルは、すべての面においてしいものでした。『2020 ACCルドミュジックフェスティバル』も今から楽しみです。音楽さえあれば、まるで雲の上を歩いているような気分になります。皆さんも、至高の喜びをえてくれる何かを探してみてはいかがですか。

ACCで一に楽しみましょう!素敵な時間になること、間違いないですから。


カムダモヴァ・ニジナ(Khamdamova Nigina)12ACC記者団

デザイン:キム・ジナ12ACC記者団


Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485