본문 바로가기

메뉴

Ministry of Culture, Sports and Tourism. Asia Culture Center

『2019 ACCワールドミュージックフェスティバル』#2

write
2019-10-01

Lookup   192


2019 ACCワールドミュージックフェスティバル』#2


世界広しといえでも「音楽は嫌いだ」という人はおそらくいないでしょう。とくにライブ演奏の場合はなおさらのこと。音楽がこの世に生まれてから、人類はいつも音楽をき、そのリズムに合わせて踊り、楽しみ、音楽でストレスを解消してきました。人々が音楽を愛するのには々な理由があるでしょうが、何より音楽が与えてくれる素晴らしい影響、つまり「人々を一つにし、世界を平和にする」という、一種の音楽の目的のためではないでしょうか。このような目的を認識し、世界各国の人々が異国の音楽に触れることができるよう、アジア文化殿堂で2010年の『ワールドミュージックフェスティバル』開催以来、このイベントを続けています。


「ワールドミュージック」は、世界各国の文化を反映した現代音楽で、『ACCワールドミュージックフェスティバル』も、世界の人々のためのお祭りです。このイベントは音楽を楽しむ他にも、地元の人が友人、カップル、家族づれでピクニックをしみながら、同時にな音や文化に触れる機をもえています。



2019ワールドミュージックフェスティバルは、815日から18日までの3日間、アジア文化殿堂において開催されました。今年のフェスティバルは、ワルドミュジック招待コンサト、バンドプログラムにより選ばれた8つのアマチュアバンドによる演奏、レジデンシ/クショッププログラム、WMF10周年記念展示など、なプログラムで構成されていました。加えて、今年のフェスティバルには9(韓、スペイン、イラン、イラク、フィンランド、ポルトガル、インド、イタリア、ハンガリ)からの14ムの公演と協力プログラム、同時イベントが用意されました。



『ワルドミュジックフェスティバル』は8月または9月に開催されます。おそらく涼しい風が吹き、天の良い日がく季節であるため、人の心にも少し余裕ができ、屋外での時間をしむのに良い時期だからでしょう。今回のフェスティバルで開催された展示ではフェスティバルに加するミュジシャン、スポンサについて、詳細な明付きの写真が貼られたスタンドが立てられていました。豊富な情報が提供された今回の展示で、ワルドミュジックフェスティバルが2010年から2019年までどのように化し、展してきたかを確認することができました。




私は昨年のフェスティバルにも参加しましたが、自作の曲を演奏して韓人のミュジシャンたちと合奏をしむ姿、そして彼らの舞台に共鳴し熱い声援を送る衆の姿など、今年のフェスティバルは昨年よりもっとファンタスティックなパフォマンスで、充実した舞台だったと言えるでしょう。このフェスティバルは人が他の統音や文化、を理解するのに役に立つのではないかと私は思っています。な音や歌をきながら、その歌詞を理解しようとし、その中に表現された喜びや悲しみを感じ、その史を想像するようになりますから。何よりも、今回のフェスティバルは、それぞれのの人が他と業績を理解する手助けになり、それは相互理解、親密さ、そして平和をもたらしました。2019 ACCルドミュジックフェスティバル』が終わった今、年のフェスティバルではより多くの、より多くの人が加し、一しみ、そして幸せを分かち合うことができるのではないかと期待しています。


:イマローヴァ・モヒヌール(Imarova Mokhinur)12ACC記者団

デザイン:シム・ソラ、12ACC記者団

Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485