본문 바로가기

메뉴

Ministry of Culture, Sports and Tourism. Asia Culture Center

『2019ACCワールドミュージックフェスティバル』#1

write
2019-10-01

Lookup   274


2019ACCワールドミュージックフェスティバル2019


アジア文化殿堂(ACC)は、2019815日から17日までの三日間2019ACCワールドミュージックフェスティバル』を開催しました。今回のフェスティバルでは、ハンガリ、スペイン、インド、イラク、イラン、イタリア、ポルトガル、フィンランド、ベナン、そして韓から、と、9[FT1] 13ムがそれぞれ自分たちの音を演奏しました。各音はそのの民族音をベスにしたもので、クラシック、ジャズ、ロックなど、多なジャンルをミックスして作られたものです。これらの音は、それぞれの民族の「文化」と「生活式」を反映し、ミュージシャンたちは自分たちの音を通じて母国の文化も紹介したのです。




今年で10周年を迎えるワールドミュージックフェスティバルは、この意義深い年に市民がしむことのできる多彩な音を紹介し、音を通じて平和を築く築いていけることを目標としてました。


どのすべてのミュジシャンは、優れた技量を披露し、に大きな喜びをけることができました。音、歌詞、そして短い言を通じて、愛と平和のメッセジをえたのです。器はによって異なりましたが、それぞれ優れた腕前を披露して心地よい演奏をかせ、また素敵な踊りで喜ばせてくれましたました。ミュジシャンたちがこのフェスティバルを心からしみ、の反心底しんでいることを感じ取ることのできるステージ舞台でした。



いくつかの究によるとりますと、音は私たちの感情と精神態をえてくれる驚くべき力があるといいます。音を通して、私たちは悲しみ、喜び、愛のような感情や持ちをえます。私自身、もしなかったないとしたら、この世界は非常に退屈な場所だと感じたことでしょう。「もし世界からもし音楽が消えたら?」と、もし質問されとしたら、音のない世界では生きる意味がないと、私はきっぱり言できます。音があるだけで、この世界で生きていく理由は十分あります。音がない世界を想像してみてください。そんな世界なんてって、まったくしくない退屈な場所に違いありません。今日の音は、先に述べたように、人にとって生存手段となりました。音は、社に平和をもたらす最良の道であり、音を通じてより良い世界を作るメッセジをえることができます。音で私たちは人に動機づけをし、人生に意味をえることができます。.



今回のフェスティバルで公演が行われたインドの音は本格的な統音で、歌手器演奏者のどちらも方とも優れた力を揮し、場者は籍に係なく、その音を一に心からしみました。イランからた歌手と演奏者も、魂とがっているような精神的な形の聞かせてくれました。イタリアのミュジシャンたちはステージ舞台るがし、は踊り、ミュジシャンたち幕間にトークを交えながら、人しくコミュニケションを取る姿を見ることができました。さらに、多くの人が自のミュジシャンたち援しに集まっている姿も見られました。そのたちは、自分ののミュジシャンたちが舞台に上がると、大喜び、を送りました。


ほとんどのは、家族、人、友達と一場を訪れてい探しました。年でした。若いがほとんどでしたがはありましたが、年配のや子どももかなり多く、皆がいっしょになってそれぞれの方法で公演をしんでいました。若者たちと子どもたちが積極的に踊っている間、年配のそれぞれ自分に合わせた合うステップで踊っていました。



ステージ舞台そばとインタビュを行いましたが、彼らは『ワルドミュジックフェスティバル』するい愛情を示しながら、今回のフェスティバルで世界各の音しむことができたこと、さらにもっと重要なことは無料公演だということ、また、一つの場で多彩な音れることができたことに、とても足していました。また、このように優れた公演の開催を準備してくれたアジア文化殿堂への感謝の持ちもていました。

たちにもインタビュすることができましたが、彼らも、一つの場所でな音しむことができたし、自の音聞くことができたと言ってくれました。特に、あるインド人の家族は、自のミュジシャンたちが演奏していた統音に入り、韓でインドの音をライブでいた聞いたのは初めてだと喜びの感想を寄せてくれました。そして、自分たちを幸せにしてくれたACCへの感謝の持ちをどのように表現すればいいのか分からないと話し、アジア文化殿堂で開催される提供するなイベントに、もっと加したいと付け加えました。




個人的にも、今回のフェスティバルはとてもしいイベントでした。音愛好家として、私はそれぞれの魅力によって心に安らぎをえてくれるすべてのの音を愛しています。者の皆さんもACCのために開催提供しているなイベントに、ぜひ足をんでみてください。 


文:シャー・ナワズ・シャン(Shah Nawaz Shan)12ACC記者団

デザイン:シム・ソラ12ACC記者団

Copyright(C) Asia Culture Center. All rights reserved.

韓国光州広域市東区文化殿堂路38(郵便番号)61485